PTA活動の時間帯を変えよう!

 

PTA活動の多くは、学校の日程と合わせて行われることが多いため

仕事とPTA活動の時間帯が重なってしまうことが珍しくありません。

PTA活動を行う時間帯は、PTAの中でも大きな問題の1つとなっていますね。

ですが、活動の時間帯を工夫することは、そんなに難しいことではありません。

たくさんの方に気持ちよく参加してもらうためには、

どの時間帯がPTA活動に適切なのか考えてみましょう。

 

休日に行う。

a3d5d7c170fc08492cd3430bc18ff2e9_m

まず単純に、PTAのメンバーが仕事をしている確率が低い時間帯と考えれば

土日などの休日が挙げられます。

PTA活動に参加する、といっても既にスケジュールが埋まっているとどうしようもないので

これまで平日のみで会議などを開催していた場合は

休日の開催も検討してみると良いですね。

 

平日なら夜に行う。

2a935a65f15cf1086c55a5062f1d424f_m

平日の場合は、20時や21時からなら時間がある方が多いかと思われます。

こちらもスケジュールの空きを考慮して

PTA活動を行ったほうが良い、という考え方は同じですね。

「仕事終わりで疲れているのに」とか

「休みの時間をPTA活動に使いたくない」といった意見は

どうしても出てきてしまうものですが

仕事とPTA活動のスケジュールが被ってしまうと

「 参加しない」というより「そもそも参加できない」状況になってしまいますね。

 

活動時間帯は工夫できるけど活動場所は?

9cabcbfa441476f6ba7ed80197bef3a2_m

活動時間帯の問題を考えると、同時に生まれてくる問題が活動場所についてですね。

以前、Enjoy PTA!!では、学校以外で?PTA活動の場所を工夫する。という記事を配信しました。

内容としては、ファミリーレストランや公共施設を使うことで

夜でも休みの日でも活動場所の問題が解決できる、といったものです。

気になるかたは、ご一読ください。

 

まとめ

PTA活動の問題点はいろいろと挙げられていますが

最も基本的な問題点としては、活動時間帯といえそうです。

PTA活動はあくまでボランティア活動なので

本来、仕事の休みをわざわざ取ってまで参加するものでもありません。

平日に行わなければいけない、といったルールや法律などは特に定められていないので

活動時間帯から工夫をはじめて、みんなが納得して活動できるPTAを目指しましょう。

記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page